2016年4月20日 (水)

タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」

今週のコラムは注目の「ロビジュニア」と「オハナス」についてタカラトミーにインタビューした記事を掲載しました。

Tomytitle
【神崎洋治のロボットの衝撃 vol.16】
タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」
http://robotstart.info/2016/04/19/kozaki_shogeki-no16.html

「ロビジュニア」はデアゴスティーニ社からロビ関連のライセンスを受けて発売したロボット玩具。5万台以上売れている人気商品です。

ロビとは思いがけず良い補完関係にあるといいます。

Robi_jr


また「オハナス」(OHaNAS)は、NTTドコモの自然対話プラットフォーム「しゃべってコンシェル」の技術を活用し、玩具というより会話ロボットとして注目度が高い製品。しかし、発売時は良い評価が得られず、同社とドコモは急ぎ改善を講じました。
その原因と改良に迫ります。

02d



【神崎洋治のロボットの衝撃 vol.16】
タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」
http://robotstart.info/2016/04/19/kozaki_shogeki-no16.html

| | コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

ソフトバンクのPepperの企業導入事例と近未来を具体的にレポート「Pepper World 2016」

ロボットの動向を追う連載コラムの最新記事がロボスタ・ドット・インフォで掲載されました。

Pepperw201606500


タイトルは「【神崎洋治のロボットの衝撃】第6回「Pepper World 2016」で再発見したPepper企業導入への糸口」です。

ソフトバンクのスマートロボット「Pepper」の法人向け活用イベント「Pepper World 2016」のレポートを通じて、「近未来のロボット社会がこれ読めばわかる」という気合いで書きました。

企業のPepper最新動向と具体的な事例をまとめています。
ぜひ読んでください

  • Pepperだけで運営する携帯ショップのしくみ
  • 携帯ショップのロボット接客事例
  • みずほ銀行の受付事例
  • レストランでの受付と呼び出し管理
  • インタラクション分析で「接客データの見える化」
  • ディープラーニング(人工知能)を使って来店客の識別や動きをヒートマップ化
  • Pepper for Biz は企業が簡単に導入するための工夫が進む
  • 介護や教育関連のアプリ

Pepperw201613500


連載コラム「ロボットの衝撃!」の目次はこちらです。


■デジタルカメラのしくみやスマートフォン活用術がわかるウェブマガジン
 「週刊デジマガ」もやっています(無料です)
Cametitle03

ご愛読おねがいします。
 http://digi-maga.com/

| | コメント (0)