2014年6月25日 (水)

「シドニアの騎士」 SFロボットアニメが最終回を迎えて 原作:弐瓶勉

SFロボットアニメ「シドニアの騎士」が今週、最終の第12話を迎えます。

Sidonia

密かにブームとなっていて、最終回直前スペシャルとしていろいろな動画サイトで11話までの一挙無料放送「動画重力祭」をやっていました(やっているうちに書けよって(^^;))。

アニメは12話で最終回を迎えますが、コミックスは続いていますので、第2シーズンとかで継続されるのかもしれませんね。

コミックスはこんな感じ。最新刊が第12巻。

Sidonia02

さて、面白いのか? というと、面白いです。アニメ終了後のコミックスのストーリー展開はやや軟弱化していき、興味も下降していきますが、アニメはガンダムの宇宙観と、エヴァンゲリオンのような未確認物体の襲来とその攻防、リアリティを出した新兵器開発、重要人物の早々の死など、大人が楽しめるSFアニメ路線上に位置する作品になっています。

コミックスの方は、原作/作画が弐瓶勉 氏。『BLAME!』や『バイオメガ』描いた人。背景を含めて力強くて丁寧、骨太の作画や特に黒、ベタ塗りを多用した特徴的な描画が魅力でした。

ところがビックリするほどシドニアの騎士の第9巻あたりで変貌を遂げます。良く言えば覚醒(笑)。背景を含めて全体的にネーム並みの粗さになってベタが極端に減ります。特徴である作画の丁寧さが格段に落ち、絵の省略化がはかられています。1巻と12巻を見比べるとまるで別人の画力、アシスタントが全員辞めたのか? と思うような変貌ぶりです。

ところが、かえって読みやすくなったようにも思えることが、少しもの悲しいところでもあります。カッチリした描画の方が「凄いな」とは思いますが、スラスラっと雑に描いた絵の方が読み手にはポイントをつかみやすいということもあるのかもしれません。

なお、コミックスでよく解らなかった表現や描写をアニメで補完するととってもGoodです。アニメはアニメだけでももちろん楽しめますが・・。

公式ホームページ
http://www.knightsofsidonia.com/

ニコニコ動画 第一話
http://www.nicovideo.jp/watch/1397210967

オープニングテーマ(Youtube)

 


■デジタルカメラのしくみやスマートフォン活用術がわかるウェブマガジン
 「週刊デジマガ」もやっています(無料です)
Spillum01450

ご愛読おねがいします。
 http://digi-maga.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

喜国雅彦のマンガ作品って? 「魔Qケン」と「月光の囁き」

「宇宙戦艦ヤマト」や「GANTZ」が実写化されたり、小惑星探査機はやぶさが昔のSF漫画を彷彿とさせる、なんて話が発端になり、昔からの知人と、最近コミックについて色々と語り合う機会が増えています。

以前からその友人とは、キカイダーや仮面ライダーブラックの原作の秀逸さで盛り上がったり、永井豪先生のSF作品のおもしろさについて語ることなどが多かったのですが、このところは「ヤマト」「GANTZ」「BLEACH」「ONE PIECE」やら「ドラゴンボール」を話題に話したりしてました。

Q 少年漫画の定番の「戦い」と「超能力」の話題で話しているときのこと、ふと「魔Qケン」の話をしました。「魔Qケン」は喜国雅彦先生のコミックで、僕にとっては超能力のバイブルのような作品です。喜国雅彦先生のコミックを初めて読んでからはもう25年くらいが経つのですが、実はなかなか喜国作品のマニアだということを、人に話す勇気がなく、本棚にズラリと並んでいるにもかかわらず、これまでそれを口外したことはほとんどありませんでした。
その知人は作品の本質を読み取るのがうまい人で、評価もまとを得ていることが多いので、超能力の話題が出たとき、どうしても喜国作品を出さずにはいられなかったのです。

喜国先生は天才です。ただ、その才の使い方がちょっとおかしなだけで、すごくおかしな漫画だと思われがちです。いやすごくおかしな漫画ではあります。いや変な漫画です。嫌悪感を抱く人が多い漫画でしょう。と、みせかけた天才です。いや…

隠していてすみません (誰に何を謝っている!?  > 俺 )

で、なんでこんなことを書いているのかというと、その知人がまさか「魔Qケン」「魔Qケン乙」にハマってしまったのです。
彼曰く「魔Qケンは実によく練られた物理漫画であり、"上っ面ばかりの現在の超能力漫画に向けたアンチテーゼ"だ」と。表現の仕方はちょっとアレですが、正論だと思います。とはいえそこまで評価するとはちょっとビックリ。

ちなみに「魔Qケン」2巻、「魔Qケン乙」3巻の全5巻の構成です。

そして今では喜国作品を読みあさっています。どうしましょ。
少しだけ罪の意識を感じています。

彼が僕に聞きます。
「最も面白かった喜国作品を教えて」
僕が応えます。
「あー、うー・・げ、げげげ・・・月光の囁き・・ごめん」
一応、最後に詫びをいれておきます。

月光の囁き」は喜国作品には珍しくギャグ一辺倒ではありません。
実際は「一番」面白いと挙げられる作品なんて思いつかないのですが、彼ならこの超ド級の傑作作品をどう受け止めるだろう、という興味があったからかもしれません。

その会話の後、彼はすぐに月光の囁きを探し当て、あっという間に読破したようです。
そして、こともあろうに僕のブログに、彼の「月光の囁き」書評を載せてくれと、言って次の文面を送りつけてきたのです。

彼は喜国作品の理解者としてこの書評を公開したいと思ったのでしょう。
はい。わかりました。
わたしではなく、その彼が書いた「月光の囁き」書評です。どうぞ。

 現代における「耽美主義とは何か」を論ずる上で、
 喜国の作品が評価される時代がいつかやって来る
 のではないかと思います。
 BOYS LOVEに代表されるレディースコミックが現代
 耽美主義と呼ばれることがありますが、綺麗な顔立
 ちをした男同士が抱き合う画を書けば良いのなら
 小学生でも出来ることであり、退廃した思想が日常
 化している現代では、ゆがんだ性欲を満足させる
 一面に過ぎません。
 しかし「月光の囁き」は一見ギャグマンガに見える
 図柄の中に人間が口にしてはならない本質を描くと
 いう相反する芸術性を生み出すことに成功しています。
 この点で、耽美主義の文豪谷崎潤一郎が小説「春琴抄」
 の中で句読点や「」を極力使用しないという稚拙で
 実験的な文体を使用していることに相通じるものが
 あります。また「日本一の男の魂」における起から
 転に至る意外性は江戸川乱歩に代表される本格派推理
 小説にも匹敵するものであると思われます。(以上)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

WOWOWでガンダム特集「宇宙世紀3DAYS」 ガンダム新作ユニコーン

ガンダム特集「宇宙世紀3DAYS」

WOWOWの話の続き。

11月1日からWOWOWガンダム特集やります。
なんで?

経緯はよく解らないけれど、ガンタムユニコーン「機動戦士ガンダムUC」のTV初放送を記念企画のようで、「宇宙世紀3DAYS 20時間20作品SP」だそうです。

Wowow201005

人類がスペースコロニーに住むようになった時代の新たな年号「宇宙世紀」がらみの作品群で、

 ・ 機動戦士ガンダム MS IGLOO -1年戦争秘録-
 ・ 機動戦士ガンダム 劇場版三部作
 ・ 機動戦士ガンダム0083 -ジオンの残光-
 ・ 機動戦士Zガンダム 劇場版三部作
 ・ 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
 ・ 機動戦士ガンダムUC episode1 「ユニコーンの日」
 ・ GUNDAM EVOLVE

というラインアップです。

WOWOWには「宇宙世紀年表」がありますから、チェックしてみてね。

http://www.wowow.co.jp/anime/gundam/chron.html

番組表も一緒に載っています。

Wowow201006 僕は新作のガンダムUCを除いてほとんど観たけれど、もいっかい観ます。

UCは近所のレンタル屋でずっと貸し出し中で借りられないし。

UCは第二話が11月に発売で「赤い彗星」。いいタイトルです。(アマゾンでサンプルムービーが観られますが、赤い彗星ファンは必見です)

僕は実は「機動戦士ガンダム」の本放送世代。
密かな日本サンライズ・ロボットアニメ・ブームみたいなのがあって、たしか「闘将ダイモス」に続いて放映されました。

当時、毎週に楽しみにして観てましたよ。
すでに思春期を過ぎかけていました(笑)から、子供向けじゃないロボットアニメが実に新鮮でした。

Wowow201007 その話を始めると長くなりますので、またの機会に(笑)。

そうそう、赤い彗星と言えば、シャアを主人公にしたコミックがあるのをご存じですか?

機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像」です。

ガンダム系のコミックにはまがいものが多いのですが、このCDAは、機動戦士Ζガンダムの監督、アニメーターの北爪宏幸氏が描く、いわば本家の作品。

一年戦争で消えたシャアから、その謎とされてきた「Zガンダム」にいたるまでの「空白の7年間」を独自の解釈を交え描いた作品です。

最新刊は14巻です。
僕も揃えていますが、そこそこ面白くて、シャア好きならお勧めですよ(笑)。

Twitter こんな話を含めて、Twitterでつぶやいてますから、よかったらフォローお願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

水族館にポニョがやって来る

00 先週末、エプソン品川アクアスタジアム水族館に行ってきた(写真1)。

もちろん水族館にやってくる「崖の上のポニョ」に会うためだ。

ん?
僕はスタジオジブリのファンではない。

子供達はジブリ好きで、ポニョも例外ではない。大好きなのだ。

そんなポニョが水族館にやってくるというのだから、期待にワクワクしていたわけだ。

うーん、それにしてもポニョが水槽にやってくる…とはどういう意味なのか?

01 宮崎駿さんの勘違いもあってポニョは金魚だ。
金魚は海にはいない。いてはいけない。

それなのに海の水槽に、金魚のポニョがやってくる・・・
大人で、ジブリファンではない僕も、なんだかワクワクだ。

で、昼頃エプソン品川アクアスタジアムに着いたのだが、あいにくポニョは「昼休み」。

13時にならないと水槽に来ないらしい・・・

昼休み・・・?

ポニョはどんな風に休んでいるのだ?

ちなみに3時(15時)の休みもあるらしい・・・
おやつなのか?

02 ますます謎だ。

そんなわけで、イルカスタジアムで曲芸を見たり、トンネル水槽でお姉さんの解りやすい説明と餌付けを見たりして時間を潰していた。

いつの間にかここにはマンタがいるのね(写真2)。
オニイトマキエイ。
結構、ちっこくてかわいい。

それに比べてノコギリエイ。かなりでかい(写真3)。

ノコギリエイはここでしか見られないらしい。
サカナやイカをもぐもぐ食って、かわいい。

お姉さんの解説にも熱が入る。

03 そのほか、赤ちゃんの小指くらいの大きさのセミホウボウがこれまたかわいい(写真4)。

セミホウボウ、ラブだ(意味不明)。

そうこうするうちに時間だ。

ついに時間だ。

ポニョの水槽に行くと、なんだかポニョ的な音楽がかかって、お姉さんが「いよいよポニョが水槽にやってきますよ~」と観客をあおりはじめた。

「ポニョをご覧になりたい方はこちらの列に並んでくださ~い」とお兄さん。
アッという間にゾロゾロと列ができて、ポニョに対する期待度450%(推定)!!

そしてついに・・
「みなさん、お待たせしました、ポニョが来てくれました~」
♪ポ~ニョ、ポニョ、ポニョ・・・
と久石さんの軽快な音楽ととともにポニョが水槽に現れた!!

うわぁぁぁぁ、ポニョだぁぁぁぁぁ~・・・・・

04 ・・・・・って、おいっ!!

水槽の中をピアノ線だかテグスで吊られたポニョポニョが、まったく動く気配のないポニョポニョが、糸に吊られてポニョポニョ、ポニョポニョと水槽の中を引っ張られていく・・・

こ・・・この・・

このポニョポニョ的な光景は・・・

ま・・幻なのか?

実は正直、僕は、ラジコンのロボットくらいを想像していますた。すた。

もしくはホログラムか? と。

05 それが、ハリボテ。
動かない。
吊られて引っ張られるだけ。
もちろん表情も変えない。

うわぁぁぁぁ、圧倒的なKY感!!
おそるべし、ポニョの世界っ!!

子供達すらポカンと開いたクチを閉じることができない。
周囲で見ていた幼稚園児くらいの子供の一人が
「こわいよ~・・」と泣き出すしまつ。

いや、これを考えた大人の方が怖い。
いくらなんでも、もう少し工夫してくれよ!!

06 カサゴとタカアシガニだって、こんなに微笑ましい絵を見せて笑わせてくれるのに(写真右)、人間様が考えたのがあのザマでは・・・

しかも、これに昼休みや3時の休みってなんだよ。
誰の休みだよ?
ポニョなんてずっと吊っとけ!!

水族館かジブリかPR会社か知らないけれど、これを考えたあなた、考え直してください!!
人生から、考え直してください。

というわけで、気を取り直して、エプソン品川アクアスタジアムの後にし、聖地、国立競技場に日本代表対ベルギー代表戦のサッカーの試合を家族で観に行ったのです。

その話はまたの機会に。

ps:
僕は今、「お茶マガ.com」をプロデュースしています。
お茶やコーヒー、ハーブティー、美容と健康に興味がある方は
ぜひアクセスしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

ONE BY ONE

Beck 今更ですが、『BECK』(ハロルド作石 著)を読み終えた。
全34巻。

ちょう面白い。

音楽の世界をコミックで描くということ自体、発想はチャレンジだったと思うんだけど、1巻を読んだときから「そうか、音楽の部分は読み手にイメージさせるのか」とワクワク気分全開。

コミックだからこそ、読み手は自分の記憶の中に息づく最高のロックスターやロックバンドとシンクロさせつつ、強烈なストーリー展開で惹きつけられていく。ということは、もしかすると読み手によって思い入れは様々なのかもしれない。

僕らの年代だと、Sabbath、Zeppelin、Sex Pistols、なんかと自分の青春をシンクロさせながら、思い出しながら読んでいる人が多いかな?
もちろんQeenな人もいるだろう。

僕は・・・・・、Deep Purpleで(笑)。
んで・・・・、Xで(笑)。

で、この『BECK』、特に凄いのは、コユキ、レイ(竜介)、エディ、マットの軸が絶妙。この伏線がある故に、あり得ないようなサクセスストーリー(同時にピンチも)が成立していく。

最大の盛り上がりはアヴァロンフェスティバルを綴った第32巻。
33~34巻はBECKの将来を確かめつつ、エンディングに向けて静かに終息していく。
本編は、最終巻の中盤までだけど、外伝のエディの最後の一日がBECKの根底に走る最高の軸として添えられている。

このマンガもそうだけど、クリスティ作石氏は傑作「1・2の三四郎」を描いた小林まこと氏の影響を受けている(親交もあるようだ)。シーン随所にそれがみられ、小林まことファンは別の意味でも楽しめる。

というわけで、

いま、気持ちが乾いてむなしいあなたは、読むべし。
ピュアなひたむきさに感涙すべし。

ps: Dying Breed というバンドがあるのね。マットてメンバーがいて、「FireFly」を唱ったりして(笑)。ここで視聴できるし・・。

★撮り方&レタッチ講座WEBマガジン
 「スタジオグラフィックス」のプロデュースをやっています。
  PhotoshopやPicasa3の特集もあるので見に来てください!!
  >>スタジオグラフィックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

フカキョンのドロンジョ様に感動した人へ

00 既に少し古い話題になっちまったけれど・・・

深田恭子、フカキョンのドロンジョの写真と映像が公開になって、朝のニュース番組やワイドショーなど、男性司会者をはじめとして、世の男性諸君を悩殺した。

実写だと、どんなドロンジョになるんだろうか、あの熟女の色っぽさは実写では出ないだろう、というおおかたの予想を良い方に裏切った。

昔、タツノコプロの制作スタジオは僕の実家の近くにある、玉川上水沿いにあって、自転車でよく見学に行ったもんだ。国分寺の事務所にも行った。
ガッチャマンの最終回を個別に上演してくれたような気がする。

さて、そんなタツノコ好きな僕も、もちろん深田ドロンジョは気に入っている。

ただ、このドロンジョへのアプローチ自体には驚かなかった。

実は、ドロンジョ実写版(正確にはCG版と呼ばれている)というべき精巧なフィギュアが発売されている。昨年、おもちゃ屋に並んでいるのを見たことがある。

01_2

そのフィギュアはアニメ・ドロンジョをセンスの良いデザイナーが実写にしたらこうなる、といわんばかりに実体化したも。リアリティさと造形にえらく感心した。言ってみれば、深田ドロンジョの公開写真は、このフィギュアを深田に当てはめたものだった。

02 それがこれ「YATTERMAN DORONJO in CG」。

生々しくてカッコ良い。

バットマンのフィギュアの隣に置いても見劣りしない。

ちょっとお値段は高いけど。

デスクに置いておきたい逸品だ。

さて、余談だが、ドロンジョと言えば、呆れかえる商品がある。
それは「なりきりコレクション ヤッターマンなりきりドロンジョ」。

そう、ドロンジョになりきれるコスチュームだ。

いやいや、商品に呆れかえるのではなく、商品写真に呆れかえるのだ。

↓これ(クリックで拡大)
03_2 

嫌だろう?
こんななりきったドロンジョ姿。

なりきった、というより開き直った・・だよなぁ。

アマゾンの商品の紹介ページの解説も、これまたすごい。

【商品の仕様】
・宴会・パーティでドロンジョに変身して盛り上がろう!
・ヤッターマンのドロンジョになってキメ台詞を!! 
・イドカフェ気分でお勧め☆

これが"仕様"かよ。
「キメ台詞を!!」って・・この格好でナニ言うんだよ。
「イドカフェ気分でお勧め☆」って・・"イド"って、なんだよ。

メイドカフェの間違いだろうけど、メイドカフェを少し勘違いしてないかぁ?

をいをいをいっ、メイドカフェにこんなのいるかっ!!

これはもはや 怪奇、いや呪い と言っても良い。

頼むから、商品写真なら、欲しくなるような写真だけ掲載するように、節度を持って厳守して欲しいのである。

ドロンジョ様に愛を込めて。


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月30日 (水)

タツノコプロとヤッターマン

51pj61ns40l_ss500__2 タツノコプロの新作ヤッターマンのオープニング曲で ネットではいろいろと騒動がありましたね。主題歌を歌う歌手は入札制度で決まったとかのウワサもあったり。

個人的には新ヤッターマンの歌がそんなにひどいとは思わないので、それについては特に意見はないのです。

で、少し昔話を。

僕はですね、少年から若者時代までずっと東京の立川のはずれに住んでいたんですね。国立に近いというか。
それで、うちから自転車で10分くらいのところ、玉川上水っぺりにタツノコプロがあったんですよ。

タツノコプロはスタジオっていうか、制作現場っていうか、小さい建物でね。それで当時、制作スタジオの見学が一般のファンでもできましてね。知人がいたこともあって、よく行ったんですよ、ヒマだと。
それはそれはマンガ少年だった僕にとっては夢のような場所でね。

21d4x4z3vnl_aa140__3 グズラや大魔王、ガッチャマン、マッハ号の原画やセル画、人形やグッズがその辺に散乱しててね。サササッと鉛筆で描いたキャラがコピー機みたいな機械でセルになって、着色されて・・・こんな風にアニメになるんだぁ~と聞きいってました。
でね、帰りには、たしかガッチャマンの最終回を映写機で見せてくれるんですよ(それは国分寺のビルの方の見学だったかな)。

で、ある日、タイムボカンシリーズの次作ってことでヤッターマンの原画を見せてもらいましてね。
うわぁ、なんてタイムボカンとほぼ同じキャラなんだーっ、って感心しましたよ。

51hf6r17r7l_ss500__5それはそれは僕にとっては夢のような場所でね。

・・・・年とると、昔話が多くなって困るな。

ps:
上の画像は久々にリバイバルしたタイムボカンシリーズの名作【王道復古】と旧ヤッターマンのDVD-BOX1。そしてサウンドトラック。ところでDVD-BOXってのは、廃盤になった途端にメチャクチャに価格が高騰してアレだね。
ヤッターマンもアマゾンの中古市場ではすごいことになってます。あ、カムイ外伝もね・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

ヨンフォアの記憶

このカネがあればフォアが手に入る。
4気筒のチョッカンが・・

「どっちかっていうとステッカーを売りつけられて泣いてた私ですが、つーかバイクなんか一回も乗った事ない私ですが、この漫画、好きです。」宮藤官九郎

00_ 高橋ツトム先生のコミック『爆音列島』が面白い。
舞台は80年代の東京・品川区、暴走族の全盛期。若者がツッぱり、夜の国道を我が物顔で突っ走っていた時代。中学生の加勢と彼が入る暴走族「ZEROS」がストーリーの中心。当時の若者の心理、時代背景、バイクの描写、それらがみごとに描かれている(と僕は思う)。

冒頭のセリフは主人公の加勢が、改造したオートバイ「CB400Four」(ヨンフォア、またはフォア)を手に入れたくて発するひとこと。むむむ。

なつかしい感覚。

加勢はある日、あこがれのヨンフォアを目の当たりにし、その音に感動する。それに乗っていたのは一目置かれている族員のカズヤだった。カズヤがヨンフォア(フォア)を売りたいらしい、という情報を得てから、ついには買うためのカネを手に入れるまでにワクワクし、キーを受け取るくだりでは、なんだか自分のことのようにうれしくなってしまった…うれしくなったオヤジになってしまった(意味不明)。一方、カヅヤはフォアを売った後、何に乗るのかとおもいきや、なんとマッハIIIをどこからともなく買ってくる(*^_^*)。なんじゃこりゃあ~。

当時の暴走族(僕の周りの)は、Z400、ホークII、ホークIII、GS400Eなどに乗ってた記憶がある。みんな4気筒にあこがれてたけど、ヨンフォアは絶版後も価格が落ちにくくて、稀少だった。ただ、カットビに燃える、性能にこだわるヤツは必ずいてケッチやサンパチなどの2ストを選んでいた。2ストの頂点が幻のマッハIIIだ。だからこそ、カズヤがマッハIII(劇中では「殺人マシーン」と表現されている)に乗り換えるところは実にいい、言葉にできないリアリティがある。僕はマッハはもちろん、フォアを買うカネもないし、だったら2気筒は乗りたくない、そんな理由(だったと思う)で2ストにこだわっていた。
当時のサンパチ(GT380)は重たくてでかいボディーなのにパワーがあるので、それは恐ろしいバイクだった。少なくとも曲がることや止まることは考えられてないようなバイクだった。それでも、何速ギアに入っているか示すデジタルのインジケータや、エンジンから立ち上る2ストのにおいがたまらなくエキサイティングだった。ちなみに『爆音列島』ではマッハIIIのエンジン音は「ギュラン・・」と描写されている…これがまた…いい(*^_^*)。

僕は東京多摩界隈で育ったのだが、黒い皇帝ブラックエンペラー、地獄、スペクター、ルート20、キャッツなどが徘徊していた。国立はブラックエンペラーが仕切っていて、大学通りに200台以上のバイクとクルマが集まった集会も記憶に残っている。また、友人が戸越銀座に住んでいて、品川界隈をよく流していたので、この漫画の舞台にもつい共感してしまう。

付き合っていた彼女の兄(僕の一個上)がエンペラーの特攻隊長だった。アンパン(シンナー)中毒で、暴れたり、叫んだりで、いつも近所に迷惑をかけていて、彼女は気に病んでいた。ハイな時は妹に暴力をふるうこともあり、彼女はよく僕のところに逃げてきたりもしていた。
ある夜、小さな集会かなんかだったか、僕はそんな彼と偶然、夜の公園で対峙していた。もちろん僕は内心かなりビビっていたのだが、そんな素振りをおし殺していた。僕は妹に暴力をふるう彼に対して(その意識すらない彼に対して)何と言ったらいいのか解らずにいた。彼は特攻服こそ着ていなかったが、ヤンキーっぽいが少し大人っぽい服だった。ずいぶんと年上に感じた。僕が黙っていると彼がにらむように見て言った。
「お前が妹の彼氏か?」
かなりビビっていたから、正面から彼の目を見てうなづくのが精一杯だった。すると彼は続けた。
「妹を守ってくれよな」
僕はうなづいた。声にはならなかった。立ち去っていく彼を見ながら「アンパン中毒で妹に暴力ふるうくせに、正気の時は妹の心配かよ・・」と心の中でこっそり言った。もちろんビビリながら。でも、そんな特攻隊長は、悔しいけどカッコよかった・・。僕もそんな年頃だった。

大人と少年の狭間、犯罪と情熱の狭間、高校生と暴力団の先輩の狭間…あの頃の暴走族はいろんな狭間でもがいていたのだと、いまは思う。

ちなみに僕はあの頃も今も、暴走族ではない。と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

カネゴンが来た

03  「カネゴン カウンターバンク」を買った。

ずっと以前から欲しかったのだが、トイザらスで5000円近くするので、どうしよ~かな~、と迷っていたら、正月に母がお年玉をくれたので、そのカネは歌舞伎町で使うのを我慢し、カネゴンに注ぎ込んだのだ。

何か正月早々、良いことをした気がする(意味不明)。

で、カネゴン、まぁ、貯金箱ね。

カウンターっつうくらいだからすごいよ。貯金した額が胸に表示される!! 「カネゴン カウンターバンク
02でも子供がカンタンにリセットできるからほぼ役には立たない。

子供がカチャカチャいじっちゃう。

しかし・・

喋る!!

センターが付いていて、灯りを付けたり、そばを人が通ったりすると「お腹がすいたよ~」とか喋る。

04_4 とっても稚拙で、3つくらいしか喋らない。今時のハイテク感はゼロ!!

500円玉を入れると胸のカウンターがスロットになる!!
当たると「合体したいーっ、気持ちいいーっ」と

・・・かは言わない。
喋るパターンが増える・・でも当たったことないから、どんな言葉かはしらない。あべしっ。

でもそこはカネゴン。その稚拙さがかわいい。
カネゴンでなければダメなのだ。
Photo_4 だって、もしもペギラだったら、貯金箱だかなんだか解らないし・・。

カネゴンは高度経済長期に向かう日本人の姿そのものだ。生き様そのものだ。でもこの貯金箱は稚拙なので、そんなことはどうでも良い。

まぁ、かわいいのだ。

カネゴン カウンターバンク」みんなで買おう。

ps:なんとゴールドに着色されたバージョンもあるのだ(純金ではない)。ちょっとハイソな気分になれるぞ。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月17日 (火)

ライディーン REIDEENとRAIDEEN

Anikan_gougai 以前に書いたとおり、
WOWOWで「ライディーン(REIDEEN)」を
少し我慢して見続けています。

主人公のテンションもだんだんと上がってきたようで、
時折、「フェードインッ!!」と叫ぶようになり、
「ゴッドゴーガン」とかも飛び出すっ。

そしてついに変化しましたよ・・
ゴットバードに。

あぁ、やっぱりこれ、勇者ライディーン(RAIDEEN)だったんだ・・
といまさら実感。

相変わらず戦闘シーンなどノロノロで、
暗くて何をやっているのか解らないシーンが多いこともあり、
油断すると睡魔に襲われますが、
ようやく観ているこっちも乗ってきましたよっ。

キャラでは脇を固める「星川花」と「寺崎宗次」がいい。
うーん、タルホとホランドな感じ?
(をいをい!!ホランドの方はご本人)

そうそうホランド(藤原 啓治さん)はね、「LOST」でも声あてて、
これがまた絶品。
「LOST」は日本語版がお勧め。

Bookreideen ところで、公式ブログによると、REIDEEN コミックス第1巻が発売されるようです。念のため読んでおきましょうね。

カドカワコミックスエース
REIDEEN」 1
¥567(税込)
発行:角川書店 発売:角川グループパブリシング
全国書店にて4月26日発売!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧