2014年1月 8日 (水)

東京ディズニーランド混雑状況 2014 春キャン、スターツアーズ、リトルグリーンメン

新年2014年1月6日(月)に東京ディズニーランドに行ってきました。

Tdl02_2小学生の息子の誕生日祝いです。
今年は新年元旦三が日からそのまま週末へと続いていたので、6日は最初の平日で、混雑予想カレンダーでも「空いている」予想だったのですが、この日のディズニーランドはけっこう混雑していました。
三大マウンテン(ジェットコースター)は90~140分待ちでした。

ただ、キャストの方に聞くと、これでも「今年に入ってからは一番空いている方」ということでした。しかも、複数のキャストの人がくちを揃えて「今日はディズニーシーが混んでいて、トイストーリーマニアは280分待ちですよ~」と言っていました(T_T)。

この日は春の学生割引キャンペーン「春のキャパスデーパスポート」(春キャン)が始まった日だったので、これが混雑の一番の理由だったようです。
この春キャン、キャストによれば「1日でディズニーランドとディズニーシーの両方を行き来して楽しめる」ということです。海外ディズニーでいうホッパーですね。これが2デーパスポートだけの特典なのか、ワンデーでもOKなのかは定かではないので確認してください。

冬は開園時間は短く、この日も朝9時~20時でした。しかし、翌日の7日(火)は朝10時~19時ともっと短くなります(長いときと比べると5時間も短い)。

来園予定を立てている人は、事前に営業時間スケジュールを事前に公式ホームページで確認した方がいいですね。
なお、ディズニー公式ホテルに宿泊すると開園時間より15分早く入園できる特典があります。

乗れたアトラクション

予想より混雑していたので、アトラクションを回るのにはいつもより苦労してしまいました。うまく回れた方ではなかったと思いますが、僕が今回まわったアトラクションとファストパスの順序は下記の通りですので参考にしてください。

・開園
・モンスターズインクのファストパス取得(11:20搭乗券)
・スプラッシュマウンテン搭乗
・ビッグサンダーマウンテン搭乗
・バズライトイヤー、ファストパス取得(17:45搭乗券)
・モンスターズインク搭乗
・カリブの海賊 搭乗
・スターツアーズ 搭乗
・スターツアーズ 3回目のファストパス取得
 (スターツアーズ以外のファストパス全て終了)
・フィルハーマジック 観劇
・スプラッシュマウンテン(2回目)シングルライダー
・スターツアーズ(2回目)
・バズライトイヤー搭乗
・プーさんのハニーハント搭乗
・スペースマウンテン搭乗
・閉園

朝のうち、3大マウンテンやバズライトイヤー、プーさんなどの大物アトラクションは混雑するのですが、朝一はファストパスの割り込みがないので、スタンバイは見た目より早く進みます。

混雑時、人気アトラクションからファストパスがお昼前には終了していきます。次のファストパスを取れる時間の間隔が長くなってはしまいますが、どうしても乗りたいアトラクションは早めにファストパスを取ることが賢明かと思います。

スプラッシュマウンテンはシングルライダーができましたので、時間がないときは家族でシングルライダー列に並んで、出口で待ち合わせると待ち時間5分程度でスプラッシュが乗れます。今回は春キャンで大人数のグループが多かったせいか、ラッキーなことに2席がポッカリ空いてしまったのでシングルライダーなのに息子と一緒に乗ることができました。

パレードの間は子供向けアトラクションほど空きます。プーさんやバスなどです。ただ、パレード終了直後にファストパスを持った人が大挙してなだれ込み、スタンバイ列はほとんど進まなくなるので、パレード中に乗れてしまうか、パレード中にファストパスとの合流を通過できるようにスタンバイ列に並ぶことが大切だと思います。

リトルグリーンまん

トイストーリーで人気のキャラ、リトルグリーンメンがお饅頭になりました。リトルグリーン饅? (*^_^*)

Tdl01_2


中はストロベリー、チョコレート、クリームが入っています。

新スターツアーズのパターンは54通り

昨年、リニューアルした東京ディズニーランドのスターツアーズに初めて乗りました。

全54通りの映像パターンの組み合わせがあるとのことで、全パターンの攻略や解説でネットは密かに盛り上がってます。
時代設定はスターウォーズのエピソード3と4の間だそうです。

映像が4つの構成に分けられていて、1.ツアー出発、2.本編前半(ひとつめの惑星)、3.ホログラム、4.本編後半(ふたつめの惑星)です。
ツアー出発の映像が2パターン、それ以外は3パターンあるとのことです。
キャストの方は後半映像は4つと言っていたのがちょっと謎ですが。

で、うちは今日、3回乗りました。
ツアー出発(2パターン)とホログラム(3パターン)は全パターン見られたのですが、本編映像の前後半の2つ(3パターンずつ)は、なんと3回とも同じ映像(°_°)。前半がポッドレース、後半がデススターでした。

キャストに「同じ映像しかないんかじゃないの?」と確認したところ、それはやはりたまたまそうなっただけで、ちゃんと複数のパターンがありますよ、ということでした(当たり前か)。ネットでもみんな見ているみたいだし~。
う~ん、なんともはずした気分です。

ただ、ベイダー卿にもファルコン号にも会えたってことで、今日のところは納得することにしますけども(^^;)。

スペースマウンテン最終便で貸切

ラッキーなことがありました。
パレード中にスペースマウンテンに向かったところ、スタンバイ列終了直前!!ギリギリで入ってうちの家族が列の最終でした。
しかも、搭乗時にちょうど前のカップルでコースターがいっぱいになったので、最終のコースターはうちの家族だけの貸切になりました。
しかも、キャストが「貸切なのでどこに座ってもいいですよ」と言ってくれて、いやはや(大したことではないかもしんけども(^^;))珍しい経験をしました。

ディズニーは混雑時、閉園予定時間をオーバーしてアトラクションを稼働させてくれます。このサービス精神には感服しますね。

ではまた。

僕の書いた本が出ました
  ↓デジタルカメラや写真好きの方はぜひ手に取ってください
   ブロガーの方はぜひ紹介やアフィリエイト・リンクをお願いします。
Stitlecambook

■デジタルカメラのしくみやスマートフォン活用術がわかるウェブマガジン
 「週刊デジマガ」もやっています(無料です)
Spillum01450


 ご愛読おねがいします。

 http://digi-maga.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

東京ディズニーシー トイストーリーマニアの混雑状況

ディズニーの話題で検索してこのブログに訪れてくれる人が結構多く、最新情報を書いて欲しいとたまに言われます。

今月は11/12(月)に東京ディズニーシーに家族と行ってきましたので、僕流の勝手な所感とコースなどを紹介しておきます。行き慣れた人にはありきたりな情報かと思いますが、これから行く人に参考になれば幸いです。

さて、ディズニーリゾートはクリスマスシーズン一色。
パレードや一部のアトラクションではクリスマス限定バージョンもあって楽しい雰囲気いっぱいですね。うちの場合はカミさんがX`masパレードやX`mas水上ショーが好きなのでそれらステージ時間のチェックをしながら出かけてきました。

Ds05

トイストーリーマニア攻略

ディズニーシーと言えば一番の人気はこの夏できたばかりの「トイストーリーマニア」。5時間待ちなどの報道があってヒートアップしています。

「トイストーリーマニアには絶対乗りたい」という場合、重要なのは開園前に並ぶことです。
開園後、ディズニーシー入場人口のほとんどがトイストーリーマニアに集中する、といっていいくらい一気になだれ込み、一番で入って走っても30~40分待ちです(公式ホテル利用者の優先入場があるので一般では朝一で入っても既に先客がいます)。

ただ、焦らずトイストーリーマニアのファーストパスをゲットすることに集中すれば、開園後30~40分後までは入手できそうな感じです。1回は乗れるので慌てない。

2回乗ろうと思うと朝一でファーストパス入手の担当と、(2回乗りたい人が)スタンディングに並ぶ方法がありますね。運が良ければファーストパス入手後、スタンディングに並ぶ担当との列に合流できかもしれません(外まで列は続いていますので)がダメなときにはファーストパス・ゲット組は1回であきらめる、と。

Ds01
開園直後のトイストーリーマニア、大混雑です

うちの場合も、今回がディズニーシーのトイストーリーマニアは初体験。

とはいえ、トイストーリーマニアは2年前にフロリダで乗っているのでそんなに熱狂しているわけではありませんが、さすがに息子は乗りたくてうずうず。ただ、他のアトラクションにもたくさん乗りたいということでした(もちろん私自身は家族がたくさん乗れればそれでよくて、私自身は乗れなくても構いません)。

8時半開園だったので7時過ぎにディズニーシー入り。だいたい10列目くらいに並びました。開園と同時に私がトイストーリーマニアのファーストパスに、息子とカミさんは「センターオブジアース」に乗りに行きました。
先に解説したように、入場者は朝一でトイストーリーマニアに圧倒的に集中するため、逆に言えばほかはガラガラで、楽しむにはもってこいです。中でもセンターオブジアースを選択したのは、システム障害(故障中断)が多くて乗れるときに乗っておいた方が良いこと、大型アトラクションの中ではトイストーリーマニアとは別方向で比較的近い位置にあることです。

私がトイストーリーマニアに着いたときにはスタンディング(そのまま乗る列)は40分待ち、ファーストパス発券機までは約8分くらいの列でした。列に並んでファーストパスを入手するとそれでも記入時間(乗れる時間)は正午過ぎ。その時点でファーストパスに並ぶ後尾の人たちに対してキャストが「並んでも終了している可能性があります」と叫んでいました。

こうした影響もあって、隣のタワーオブテラーにもやや人混みを感じましたが、トイストーリーマニアのファーストパスを入手して家族との合流のために向かう頃には家族はセンターオブジアース(待ち時間なし)を乗り終わっていました。

家族との合流はトイストーリーマニアから一気に一番離れた奥にある「レイジングスピリッツ」の前にしました。レイジングスピリッツ、その隣のインディジョーンズを待ち時間なしで乗った後(朝一ここまではガラガラ)、トイストーリーマニアから流れてきた人混みがやや目立ってきたので、少し戻って「海底2万マイル」を10分待ち程度、その後でショーの「ビッグバンドビート」の抽選所に行きました。

ビッグバンドビート

ディズニーシーにはトイストーリーマニアの手前に、ブロードウェイ・ミュージックシアターという定員1500名の立派な劇場があります。「ビッグバンドビート」はそこで行われるブロードウェイ仕込みのステージ、バンドとタップダンス、歌とダンスのパフォーマンスです。中でも、ミッキー自身によるドラム演奏がミッキーファンにはたまらない必見のステージとなっています(大別すれば大人向け、本格派向けです)。

更に、11/7から12/25までは「ビッグバンドビート~クリスマス・スペシャル~」。

Ds02_3

で、これを観るには抽選による指定席鑑賞券が必要で(一部の座席は並ぶことができますが)、抽選所もタワーオブテラーとアクアトピアを結ぶ通路にこじんまりとあって目立ちません。

抽選所に向かって18:30の会で抽選を行うと見事に当選してチケットをゲット!!

Ds03


だいたいのコース

小雨が降り出したので、20分待ちの「ストームライダー」へ。その後、次のファーストパスがとれる時間になったので「タワーオブテラー」のファーストパスを入手、また戻って「トランジットスチーマーライン」船にのんびり乗ってひと休み。

Ds04


後は、昼の水上ショー(レジェンドオブミシカ)、タートルトーク、ファーストパスでトイストーリーマニア、タワーオブテラー、センターオブジアース(2回目)、海底2万マイル(2回目)に乗り、夜はビッグバンドビート~クリスマス・スペシャル~、水上ショー(ファンタズミック!)、カラーオブクリスマス、マジックランプシアター(待ち時間なし)、夜の後半はレイジングスピリッツとインディジョーンズ(それぞれ2回目、シングルライダー:待ち時間少々)などに乗って楽しみました。

予定外だったのはシンドバッドがシステム障害で乗れなかったこと、ヴェネツィアン・コンドラが昼の水上ショー(レジェンドオブミシカ)のため休止していたことでしょうか。

これからクリスマスシーズンでますます人気でしょうね。
ここに書いたことはあくまである日の状況、参考程度に読んでください。

なお、アトラクションの待ち時間はスマートフォン等で確認できるようになりましたので、それを利用した方が便利ですよ!!

頑張ってくださいね(*^_^*)

(※写真はすべてiPhone4S)


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

スプラッシュマウンテンにシングルライダー ディズニーランドの混雑状況

東京ディズニーランドのスプラッシュマウンテンにシングルライダーができました。
まだ知られていないのでガラガラ。
混雑時には待ち時間がものすごく短縮できます。

Photo

この日のパーク内は大混雑。
スプラッシュマウンテンのファストパスはほぼ10時40分には完売(発券終了)。

スタンバイだと約200分待ちという状態なのに・・

なんとシングルライダーはスタンバイの長蛇の列を横目にズンズン進んで、並んでいる人は3人でした。シングルライダーの待ち時間は約3分。

2時間近く並んでいるだろうスタンバイの人が「シングルライダーあったの?」とヒソヒソ言ってました。

シングルライダーですので、家族や友人とは別々の乗車になってしまいますが、地方などから来て時間がない人にはこれはハズせませんね。


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

ディズニーワールドリゾート2011 旅行記 その3.

エプコット

Epcot1 4つのパークの中で、個人的になぜか最もいつもワクワクするのがエプコットです。テストトラックがあるからでしょうか。しかし、この日のエプコットの開園時間は9時~24時まで。ガッツリ24時まで遊びたがっている家族を横目に、お父さんとしては体力的に厳しい一日です。

カミさんはフロリダに行く前からエプコットの夜のショー「イルミネーション」に燃えていました。前回などはショーを見ながらなんだかしりませんがカミさんは花火とライトアップの光景に感動して泣いていました(汗;)。僕も個人的には世界一のショーのひとつだと思います。

で、お目当ては、テストトラック、ミッションスペース、ソアリン、ニモ、フィグメント等です。そのほかにキャプテンEOやサークルオブライフ、リビングウィズランド、メキシコ館のドナルドのライドなどにも行きました。ここは解説のアトラクションが多いのと、利用できるアトラクションが多いので日本語説明されるヘッドホン型の説明機をゲストリレーションズで借りました(無料)。子供達はテストトラックの説明やプンヴァの映画などを日本語解説で聞けました。

テストトラックは都合、何回乗ったかは解りません、4~5回でしょうか。家族全員が大好きなアトラクションです。僕はテストトラックのミニカーとプラモデルまでゲットしました。僕はディズニーでは今回、他には何も買いませんでしたが、これだけは2個ずつ買っていました。

Epcot2

意外と今回不評だったのがミッションスペース。初見ではありませんが今回全員が酔いました(Car Sick)。

新しいところではキムポッシプルの企画ものがありました。キムポッシプルはディズニーチャンネルの人気のキャラクターで子供達が大好きです。で、キムのケータイ型の指令機を借りて、エプコット内で指令を待ち、指示された場所を探してたどり着けたらサプライズが待っています。指示を理解するのに英語力が必要ですが、慣れてくると画像だけでも理解できます。サプライズがかなり面白いのですが、長距離を探して歩くので、脚がダルくなっていたらもう無理です。一応、悪の手から日本だけは救っておきました(笑)。

食事はキャラクターダイニングのある「ガーデングリル」レストランでとりました。テーブルに座ったままなのですが、ビュッフェタイプで、キャストが食事をどんどんと運んできてくれるスタイルです。レストラン自体がゆっくりと回転していて、大地をテーマにしたアトラクション内部の景色が少しずつ変わっていきます。もちろん目玉はキャラクターダイニング。ミッキーとプルート、チップとデール達がやってきて、ハグしたり写真を一緒に撮ってくれます。もう3回めくらいですが、家族は何回行っても楽しいようです。人気があって予約がないとなかなか入れません。
なお、個人的にはカナダ館のステーキハウスを予約したかったのですが、ここは半端ない人気でまったく予約が取れませんでした。コーラルリーフレストラン(大きな水槽があるTheSEA内のレストラン)も人気ですが、こちらは根気よくチェックしていると時間を選ばなければディナーの予約がとれます。

Epcot3


ユニバーサルスタジオ & IOA

ディズニー公式ホテルに宿泊していると、アメリカなのにレンタカーを借りる必要がありません。これは大変便利ですし、ディズニーのエリア内はアメリカとは思えないほど治安が良くて安心なのですが、いわばディズニー島に軟禁状態のようになります(笑)。つまり、コンビニのような俗世間にあって当たり前のものがありませんし、クルマがないのでディズニーのエリア外に行くのにはタクシーを呼ばないといけません。

僕は以前、フロリダでディズニー公式ではないホテルに滞在してパーク観光をしたこともあります。コンビニも近いですし(でも日本のコンビニのような気分で深夜に買い物に行くのは危険です)、マクドナルドが隣にあってそれなりに便利だったのですが、その分ディズニーのパークへ行くのが結構大変です。パーク行きの無料バスはホテルが契約している巡回バスがあるので決められた時間にロビーに行けば利用できるのですが、たくさんのホテルを経由してゲストを拾っていくので、直行すればパークまで20分のところが、40~50分もかかったりします。また、それらのバスサービスはパークの帰りの場合は夕方5時が最終だったりします。そのためパークの帰りは毎日深夜タクシーになります。タクシーがそもそも客待ちしてくれているのかどうかさえ心配です。

そんなわけでやっぱり公式ホテルが断然お勧めなのですが、ユニバーサルスタジオ&IOA やシーワールドに行きたいときだけはディズニーのバスは頼れません。ディズニーは他のパークに遊びに行くことを拒んでいるようにさえ見えます。というわけで、前日のうちにフロントに電話してユニバーサルスタジオに行くにはどうすればいいかを訪ねると、ミアーズを紹介され、ダイレクトに電話を繋いでくれました。そこで、8時10分のトランスポータの予約を入れました。トランスポータは往復なので帰る便も保証されます。実はこれがとてもうれしいのです。ユニバーサルからの帰りはタクシーになりますが、一歩間違うと大混雑でタクシー待ちで長蛇の列ができることがあります。前回はユニバーサルで何かのイベントがあって、夕方から若者が大挙して入ってきて、帰りは一斉にタクシー乗り場に殺到しました。おそらくタクシー待ちは3~4時間になるほどの列だったと思います。なにせ数100mの列に対してタクシーがほとんど来ないのですから。クルマの出入り口すら渋滞で動かなかった状態です。小さい子供の手を引きながら完全にしくじったと途方に暮れていたら、救う神がありました。ちょうど同じ方向に向かうバンのタクシーが儲けたいが為に乗り合いをすぐ目の前で呼び込み始めたのです。すぐさま挙手して家族全員乗せてもらいました。リスクは多少ありましたが、同乗する他の家族もいましたし、真夜中近く、長蛇の列に子供達を並ばせることはできなかったので決断しました。運良くすぐに、ホテルのロビーまで、ボラれることなく、乗せてもらったので本当にラッキーでした。タクシーを待っていたらおそらく深夜2時頃にはなっていたでしょう。本当に奇跡のように感じましたし、アジア人を差別せずに乗せてくれた運転手さんに感謝しています。

そんな苦い思い出があるので、往復チケットはうれしいところですが、ミアーズは約束を破るので昔から好きではありません。案の定、当日の朝、ミアーズのクルマはロビーの前には現れませんでした。

Univ03 ユニバーサルには2つのテーマパークが隣接しています。ひとつは大阪にもあるユニバーサルスタジオ、そしてもうひとつが遊園地型のアイランドオブアドベンチャー(IOA)です。それぞれに入場券が必要で、1デー2パークチケットは$100を超えます。すなわち、家族5人だと一日で$500以上が飛ぶのですが、こればかりは仕方ありません。日程がないので、1日2パークを全力で駆け抜けないといけません。

そんなわけでオープン時間前(9時前)に入場したかったので、8時10分のミアーズを予約したのに来ない、クレームの電話を掛けましたが、「行ったけれどいなかった」と言い張り(いつものことです)、さらには次の便の10時10分発に乗れとか言ってきました。話にならないのでキャンセルしてフロントに走り、事情を話して高速で突っ走ってくれるタクシーを呼びました。
なんとか到着したのが9時10分。アトラクションに乗りまくりの一日が始まりました。

IOAには新しく大物のアトラクションが誕生しています。ハリーポッターです(下写真)。
IOAの奥に以前からあったチビッココースターと大型のど迫力のドラコンコースターをハリーポッターっぽく改良し、その周囲にハリーポッターの街を再現しました。うまく作ったものです。更にホグワーツ魔法学校を建て、その中に新しいハリーポッターライドが新設されました。賞を受賞した人気のライドです。

Univ01

さて、ここで選択肢です。朝のすいている時間帯を、大混雑必至のハリーポッターに向かうか(IOA)、もしくはIOAに混雑が集中することを予想してユニバーサルスタジオでお目当てのライドに午前中に乗りまくるか、です。

後者を選びました。

10分とはいえ既に出遅れたので、ハリーポッターを後回しにして並ぶつもりになり、先にユニバーサルで、マミー、ディザスター、ジョーズ、MIB、シンプソンズ、ET、Rock Itコースター(下写真)、ツイスターを続けて攻略して一周する計画にしました。昨夏に大阪で見たターミネータやシュレックは泣く泣くパス。
しかし、ETがいつものマシントラブルでキャンセル(いつも壊れている!!)がありましたが、マミーは面白いので2回乗って順調にほぼお昼過ぎには完了しました。

Univ02

ユニバーサルは絶叫ライドには荷物を持ち込まないようにロッカーにすべて預けるしくみを導入しています。これが結構ひどいシステムで時間がかかります。利用者が並ぶと待たなくてはいけませんし、ロッカーの開閉に導入されている指紋認証の感度が悪くてちっとも開きません。しかも、30分を過ぎると有料で、アトラクションに並んでいるうちに家族全員分のロッカー代金がかかってしまいます。あまりに面倒なのと不経済なのでベビーカー(英語ではストローラー)を借りて、荷物はそこに入れて運ぶことにしました。その方が安上がりです。もちろん金メのものやパスポートは身につけておきます。こうすることでお土産を買ってもロッカーを探す必要もありません。

IOAではハリーポッター&ドラゴンチャレンジ、ハルクコースター、スパイダーマン、ポパイ(びしょ濡れ)、ジュラシックパークと大物を中心に攻略して終了。ミアーズの一件で、帰りもタクシーになったので、終了時間ちょっと前(7時前)に切り上げてタクシー乗り場に向かいました。

家族に評判がよかったのは、ハリーポッター、ハルク、ドラゴンチャレンジ、Rock It、マミーでした。初見はハリーポッターとRock Itだけでしたが、娘は身長の関係でハルクとドラゴンチャレンジが初、下の息子はマミーが初でした(下の息子はドラゴンチャレンジとハルクには身長が足りなくて乗れなかった)。

Univ04 タクシーでダウンタウンディズニーに移動して、家族は買い物、僕はコンサートを観ながらコーヒーをすすっていました。

ディズニーグッズの専門店やスポーツ用品店、グーフィーの甘い物屋さん、アートオブディズニーなどをブラブラした後、夕食は予約していたレストラン「キャプテンジャックス(Capten Jack's)」に。

カニと海老がたっぷり入ったパスタやデザートをほおばりました。ウェイトレスの対応は良かったもののサービスは割と適当だったのでチップは半額以下にしました。

Univ05

後半は小さなトラブルも

さあ、いよいよ明日は最終日、マジックキングダムです。
Mk1 朝食はシェフミッキー'Sで早出、ディナーはクリスタルパレスで、とキャラクター攻め(笑)の予約、午前中にホテルに届くはずの帰りの「ディズニーマジカルエクスプレス」の通知は深夜に帰ったとき果たして届いているのか。

そんなことを考えながら部屋を出ようとしたら、ダイニングプランのテーブルサービスの残り回数(レストランで食事できるはずの回数)がおかしい。大人8食、子供2食分が残っているはずなのに、大人7食、子供3食になっているのです。これではクリスタルパレスで不都合が出てきます。フロントに問い合わせるとどうやらママメルローズでカウントを間違えた様子。フロントは簡単には直せないので来てくれ、とか言うし、シェフミッキー'S(コンテンポラリーリゾート)行きのボートの時間は迫ってくるし…。とにかくダイニングプランのトラブルの件はフロントにお願いして、遅れたら元も子もないボートに乗りに、ホテルのマリーナに急ぎました。

とまぁ、実に後半はアメリカっぽい小トラブルが続出。
様々な不安をのせつつ、最終日、果たしてどうなる!?
感動の花火のショー、「Wish」は無事に見られるのか!?

と、まあ、たくさん書いたのでこの辺で終わりにします。
いろいろありましたが、実に充実した、ディズニーらしく濃厚な、夢と魔法の時間が過ごせました。アッという間に過ぎ去った5日間。

家族達は帰国してそうそう、もう次回は何年後にまた行くだの、ディズニーマラソンに出場するだの、勝手な妄想にふけっています。

でも、父親としては「もう家族全員で行くのは最後だろうな…」と思っています。
さすがに…ねぇ。

買い物したグッズなどについて、機会があればまた書こうと思いますが、ひとまずこの辺で。

ではまた。


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

ディズニーワールドリゾート2011 旅行記 その2.

Chef1 とりとめなく書いた第一回目に対して、何人かの方からメールやメッセージを頂き、近々オーランドに行くので参考にしたい、と希望があったので、続きを頑張って書きます。実はこの旅行のブランクでキーボードがうまく打てないのでリハビリを兼ねてやっています(汗;)。

アニマルキングダム

一日目はアニマルキングダム。
昨日は深夜2時チェックインにもかかわらず、時差ぼけのため朝は5時に起床、出発前にキャビンの近くの森を散歩しました。リスがたくさん歩き回っていて、どうやらウサギもいるらしいです。気温は暖かく長袖シャツ一枚でOKですが、夜は極端に気温が下がるので、冬なら必ず厚めのジャケットを持って出かけなければなりません。それが面倒ですね。昼20℃、夜8℃といった具合です。それでも数週間前の寒波では夜は零下になっていましたので、まだまだずっと良い方だと思って出発です。

Animal01_2 バス停で、ほかの米国人ゲストに会って、パスのことやレストラン、ボート乗り場のことなどを聞いているとすぐに巡回バスは来ました。フロントロビーのターミナルでアニマルキングダム行きのバスに乗り換えます。巡回バスを降りると同時にアニマルキングダム行きのバスが来たのでここでもラッキーでした。開演20分前に着きましたが入場ゲートには既に列ができていました。並んでいると開演時間10分繰り上げで入場開始。うれしいですね。そして4年ぶりにアニマルキングダムのシンボル「生命の木」に再会(右写真)…造形が美しいです。

アニマルキングダムは日本にはないので楽しみなパークのひとつ。アトラクションの目当ては、エベレスト、ダイナソー、キリマンジャロサファリ、バグズライフの3D、ニモ・ミュージカル、ライオンキング、カリリバーラビット等々(アトラクション名は正式なモノでなく適当に意訳しています(笑))。また、ダイナソーの近くのスピニングコースターが「プライミーバル」名になってデザインも変わっていました。プライミーバルはNHKでやっていた海外の恐竜が出てくるドラマです(ドラマはスリリングで面白いですよ)。残念だったのは、カリリバーラビットがメンテナンスと修復で休みだったこと。

Animal02 朝からファストパスを使ってエベレスト(右写真)に計4回、ダイナソーには計2回乗りました。あとはすべて目標をクリアし、その他のアクラクションも楽しみパレードも見ました。最も並ぶアトラクションはエベレスト。チェックした限りでは最大65分待ちで、ファストパスは午後早く完売しました。以前より全体的にファストパスの発行枚数が少なくなっているように感じました。ほかにはキリマンジャロサファリが40分待ち、ダイナソーはほとんど待ち時間はありません(5~10分)。

うちの家族の人気はやっぱりエベレストとダイナソー。個人的にはニモのミュージカルが凄いと感じていました(アテレコではなく実際に歌って踊っています)が、家族の何人かは時差ぼけのためスリープモードに入っていたようでした。

Animal04 
なお、ニモやライオンキングのショーは意外と混んでいます。開園20~30分前には入場しないと入場できない状態でした。

Animal03_2 ダイニングプランを使って、昼食はクィックサービスの「ピザファリ」で$70相当、歩きながらアイスを各一個3$×5、ディナーはホテルに戻ってからホテルのレストランにバスで出かけてビュッフェにしました。すごくうまいローストビーフをほおばってデザートも食べて大満足。家族で$110相当でしたが、ダイニングプランなのですべて無料(込み込み)です。

エクストラマジックアワー

ディズニー公式ホテルに滞在していると「エクストラマジックアワー」と呼ばれる特別に延長した開園時間でパークを楽しむことができます。以前は、入園時間が一時間早く入れるものでしたが、今は入園時間が早い日と、閉園時間が遅くなる日があります。東京もそうですが、フロリダでもパークの開園時間と閉園時間は毎日異なります。エクストラマジックアワーも毎日実施するわけではないので、うちの場合はエクストラマジックアワーが設定されている日にそのパークをなるべく回るという方法をとりました。それが混雑にどのように影響しているのかはわかりません。

Ice01 さて、この日のアニマルキングダムは通常ゲストが9時~5時、エクストラマジックアワーが5時~8時でした。すなわち、公式ホテルのゲストは朝9時~夜8時まで遊べます。入園時間が早いエクストラマジックアワーなら一般ゲストを入れなければ良いのですが、閉園時間が延びる場合は既にいる一般ゲストをどうやって閉め出すのでしょうか?

答えは閉め出すのではなくアトラクションに乗れなくするのでした。つまり、5時以降はアトラクションごとにホテルのルームキーを確認し、提示した人のみ乗ることができるようになります。

Tips : ファストパス

ファストパスのシステムは東京と同じです。ただ、使い方にもの凄く便利な知っていると大助かりのポイントがあります。ツイッターにも書きましたが。
ファストパスには入場開始時間と終了時間が記載されていますが、実は終了時間は目安でしかなく、時間を過ぎても普通に入場できます。すなわち、朝一でファストパスを取ったとすると、そこに記載されている時間から閉園までいつでも使えるのです。乗りたいアトラクションかがあったらとにかくファストパスを複数でも取っておいて、後で予定に合わせて乗りに行けば良いのです。終了時間前にあせって戻ったり、パレードの時間と重なるからといってわざわざズラして取るような努力は必要ありません。(ただ、システムが変更になったとしても私は保証しませんのでその点はヨロシク)

フォトパス

Photopass1 うちはあまり利用しなかったのですが、意外と便利なのがフォトパスです。パーク内ではアトラクションで叫んでいる写真やキャラクターグリーテングでのニコニコ顔を勝手に撮られますが、後になって買っておけばよかったかな、なんて思ったりするものです。フォトパスはそれらの撮影コーナーでもらえるプラスチック製のカードです。
一度もらったら、アトラクションの写真やグリーテングで撮られた写真をそのカードに登録しておくことができます。もちろん毎回、新しくカードをもらってもいいのですが、資源の無駄ですしあとで面倒。
登録するだけなら無料なので撮られた写真はフォトパスにどんどん登録しておきましょう。
で、この写真、日本に帰ってからでもフォトパスのウェブサイトにアクセスして全ての写真を確認することができます。気に入った写真があれば購入ダウンロードして、フジカラーや55ステーション、キタムラとかに現像に出せばOK。便利です。

Photopass2

しかも、自分のカメラで撮った写真をアップロードして、フォトパスの写真と自分で撮った写真を混合してフォトブックにすることもできます。フォトブックにはディズニーキャラクターの写真も貼れますので思い出の一冊にすることもできます。
※フォトパスに保存されているのは一定期間だけですので注意が必要です。

> 参考 こちらのサイトで詳しく解説されている方がいます

ちなみに僕は3枚の画像をダウンロード購入しようとカートに入れていたところ(ダウンロードの場合は1枚につき$14.95)、よくPhotoPassサイト内を読むと3枚で$30のキャンペーンを行っていました。早速、そのキャンペーンコード(プロモーションコード)をカート画面で入力すると割引価格が適用され、1枚分が無料になりました。
ダウンロードの場合、決済が終わるとすぐにダウンロードできるわけではなく、PhotoPassが注目した写真をひとつの圧縮ファイル(ZIP)に加工するまで、数時間か待たなければいけませんでした。数時間後にダウンロードできるようになり、ZIPを解凍するとプリント店舗に焼きつけを注目できるJPEGになります。

ハリウッドスタジオ

二日目はハリウッドスタジオ、映画のテーマパークです。ここだけはエクストラマジックアワーの日を選択せず、ファンタズミックが開催される日を選択しました。ファンタズミックは光と水と花火のディズニーキャラクターショーで大人気ですが毎日の開催ではありません。僕が行ったファンタズミック開催日は6時半と8時の二回開催でした。

Hol01

お目当てはタワーオブテラー(東京のとはずいぶんと違ってよりスリリングで面白いです)、ロックンローラーコースター(エアロスミス)、新アトラクションのトイストーリー マニア、エクストリーム・スタント・ショー、インディジョーンズのショー、バックロットツアー、カーミット3D、そしてファンタズミックです。うちの初見はトイストーリーマニアだけですが、一番下は前回、小さかったのでロックンローラーコースターとタワーオブテラーには乗れませんでした。

Hol02_2

朝一でタワーオブテラーのファストパスをとって、隣のロックンローラーコースターにスタンバイで乗りました。後は朝のうちに乗りまくるのが吉です。朝からファストパスを使う必要はありません。トイストーリーマニアは朝一から長蛇の列、ファストパスもお昼には完売しました。

Hol03 うちの家族に人気はロックンローラーコースター、タワーオブテラー、エクストリームスタントショー、トイストーリーマニア(右写真)でした。個人的にはエクストリームスタントショーが必見です。東京にあるからという理由でタワーオブテラーを回避するのは絶対にいけません。こっちの方が数段面白いです。

食事は前もって予約しておいた「Fantasmic! Dinner Package」のママメルローズです。Fantasmic! Dinner Packageの内容については前回記事を見てください。Fantasmic! Dinner Packageには3つのレイストランが実施していて、ママメルローズ、ハリウッド&バイン、ハリウッドブラウンダービー、の3つから選択できますが、ハリウッドブラウンダービーは高級レストランです。ママメルローズは大人気店です。

ママメルローズはイタリアン&アメリカンレストランで、パスタもステーキも味は最高でしたが、問題は予約がごった返していて時間通りに行ってもテーブルに付くのに30~40分以上かかること。時間のない日本人には忍耐が要ります。一番下の息子は待っている間に時差ぼけで完全スリープモードに陥りましたが、息子の極厚のステーキ料理や食べきれないパスタはテイクアウトで持って帰りました。ちなみにご存じとは思いますが「テイクアウト」(和製英語?)と言っても通じませんよ。「To Go」が正しいです。

ママメルローズでは予想外にゆったりと食事をしてしまったために6時半のファンタズミックのショーの開始ギリギリになりました。ファンタズミックの入場口はごった返しで入場締め切りでしたが、Fantasmic! Dinner Package特別入場口から入って最前列付近に座って見られました。

Hol04 ファンタズミック終了後はコースによっては出口に誘導されます。閉園時間に始まる8時の回のファンタズミックの場合は終わるとそのままお帰りください、という感じなので、パークで少しでも長く遊んでファンタズミックを閉園時間から見て帰れば時間を有効に使えると当初思っていたのですが、Fantasmic! Dinner Packageは6時半しかありません。ところが使ってみてわかったのですが、ファンタズミックの分、閉園時間を30~40分過ぎまでアトラクションが開いていました。ファンタズミック最終回に混雑が流れるので、ロックンローラーコースターやトイストーリーマニアが比較的乗りやすくなっていました。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月13日 (木)

ディズニーワールドリゾート2011 旅行記 その1.

Gardengrill05 昨年書いた前回記事で予告したように、仕事の関係もあって米国フロリダのオーランドに行ってきました。

お目当ては「ディズニーワールドリゾート(Walt Disney World Resort)」オーランドと「ユニバーサルスタジオ(Universal Studio)」オーランドです。

これから計画している人に参考になれば幸いなので、フロリダ旅行の内容やだいたいの内容などを書いておきます。

出発前にやったこと 追記

出発までの手配については前回記事の「旅行の手配編」を読んでもらうとして、その他に成田空港付近の駐車サービスと北米用携帯電話レンタルの予約をしました。

駐車サービスについては、空港までクルマを取りに来てくれて、帰りは空港に持ってきてくれるサービスを利用しました(いつもこのパターンを利用します)。今回、利用したのは「グランドパーキング」さんで料金は4,900円(繁忙期割り増し込)でした。とにかく楽ちんです。

携帯電話レンタルは料金が安い「モベル」さんを利用しました。成田空港で受け取って返却は宅急便(着払い)です。いつも使っているiPhoneが国際ローミングで何も手続きなしで使えますが、通話料金がモベルの方が安いのと家族メンバー間でやりとりしたかったので2台借りました。基本料金は0円です。

Gardengrill06 また、「旅行の手配編」で説明しましたが、今回はホテル&チケットに「ダイニングプラン」パッケージが付いてきて、すべての食事が無料になるため、各パークのレストランで食事する予定にしました。予め何日にどのパークに行くかを決めて、各パークのレストランを出発前に予約しておきました。

もともとの予約はオーランドのチケット代理店の「オーランドベストガイド(OBG)」さんに行ってもらいましたが、自分で予約した方がOBGさんにお手数をかけなくて済むし、キャンセルも気軽にできるので予約の仕方を教えてもらって、後半は自分のパソコンから「Where to Eat: Dining & Reservations」にアクセスして予約を行いました。

特に有名で人気のレストランは予約が取りにくく、頻繁にアクセスして、空きが出たら速攻で予約を入れる、という方法をとりました。OBGさんのご協力もあって、ほぼ希望通りの予約が取れました。

ちなみにOBGさんとの電話のやりとりはスカイプを使用。パソコンか、WiFi圏内のiPhoneでスカイプで米国と通話すると、1分の通話でわずか約2円。お得です。

パークの日程はこんな感じで予定

 一日目 アニマルキングダム 開園時間 9時~20時
 二日目 ハリウッドスタジオ 9時~20時
 三日目 エプコット  9時~24時
 四日目 ユニバーサルスタジオ&IOA  9時~19時
 五日目 マジックキングダム  9時~23時

上記のように各パークの日程を予定しました。

レストランは折角なので人気のあるキャラクターグリーティングのあるレストランを中心に予約しました。「シェフミッキー's」(コンテンポラリーリゾートホテル)、「ガーデングリル」(エプコット:写真下)、「クリスタルパレス」(マジックキングダム)等です。各レストランとも、5人でディナーを取ると軽く$120~くらいかかるので、通常は決して近付くことはできません(汗;)が、ダイニングプランが無料なので助かります(チップが高いけど)。

Gardengrill03_2

なお、1パーク、1日に予定できたので「ホッパー」は買いませんでした。
通常のチケットでは1日につき1パークにしか入場できません。オプションでホッパーを付けると1日で別のパークにも入場できますが、結構高額なので今回は付けなかったというわけです。

Mama01 当初は「二日目 ユニバーサルスタジオ&IOA」「四日目 ハリウッドスタジオ」だったのですが、規模の大きな光と水とディズニーキャラクターのショー「ファンタズミック」の開催が二日目だけだったので、二日目と四日目を入れ替えました。

ファンタズミックには優先席があり、特定のレストランの「Fantasmic! Dinner Package」を利用すると入場権利がついてきます。同日に特定のレストランで食事をした際、ファンタズミックの特別入場券がもらえるわけです。ただし、日程によっては予約がなかなかとれません。

うちの場合は、頻繁にサイトをチェックして、イタリア&アメリカ料理「ママメルローズ」のFantasmic! Dinner Packageの予約をゲットしました。

ママメルローズで極厚のステーキを食べた後、ファンタズミックの開始時間(夕方6;30から)ギリギリになってしまい、一般のゲストは既に満員のため入場が締め切りになっていましたが、優先権を持っている人のための特別な入口から入ることができて、ほぼ最前列の方で観覧できました。

また、ファンタズミックは2回行われました。6時半と8時です。閉園時間も8時です。私たちは優先権のある6時半からの回を観たのですが、ファンタズミックをやっている日はアトラクションのクローズもファンタミックの8時からの回の終了にあわせて30分以上繰り延べになるようで、閉園時間後もトイストーリーマニアなどが30分以上開いていて、比較的短い列で2度目を乗ることができ、6時半に観たことが結果オーライになりました。

出発から到着まで

成田空港から飛行機に乗り込みシカゴへの着陸までは問題ありませんでした。しかし、シカゴでの米国の入国審査に長蛇の列、約120分もかかりました。これだから大空港は昔から嫌いです。

サンフランシスコやLA、シカゴなど大空港を経由してオーランドに入る場合、特に747機で行く場合は、トランジットの時間は3時間以上あった方が良いです。(今回の場合は直前に予約したため選択ができませんでした)

Narita01

そうそう、ツイッターにも書きましたが、ユナイテッド航空の成田-シカゴ間ではイカした夜食がでました。その名も「きつねらーめん」。

Kitsune_2 ありそうでなさそうな、うまそうでアレそうなカップラーメンです。

しかも「きつねらーめん」がひらがな表記で、上にChinese Noodlesの英字付き。ユナイテッドも泣かせます(笑)。

味は普通なんですが、帰路に出されたときはGoodでした。アメリカ食ばかりの後では、本当にうまく感じます!!

ぜひ味わって欲しい逸品です(笑)。

到着

シカゴで仕事をして、最終便でオーランドへ。オーランドには夜の11:20に到着しました。今回、OBGさんからオファーされたホテルのプランにはオーランド空港からホテルまでのバス便「ディズニーマジカルエクスプレス」が付いてましたのでカウンターに行き手続きをして、「フォートウィルダネスリゾート キャンプ&グラウンド」に着いたのは夜中の2時でした。
とはいえ、ディズニーマジカルエクスプレスとホテルには遅くなることをOBGさんより伝えておいてもらっていたので不安はありませんでした。

今回の旅行の数週間前に寒波があり、フロリダは夜の気温が零下を記録していたので、正直言うと当初はビビッていたのですが、我々の滞在中にはすっかりの天候は回復していて、気温は暖かく長袖シャツ一枚くらいでちょうど良い感じでした。ただ、朝と夜は気温が一気に下がるのでジャケットが必要で、寒い日はダウンジャケットを羽織りました。

フォートウィルダネスリゾート キャンプ&グラウンド

ディズニーの公式ホテルにもいろいろありますが、ここ「The Cabins at Disney's Fort Wilderness Resort」は特にとても独特です。今まで滞在したことのないタイプと規模の敷地に圧倒されました。広大な敷地面積のほとんとが森です。森といっても視界の良い間伐して整備された森で、その中に点々とキャビン(ログハウス)がたくさん建っています。すべて個別のキャビンなので、近隣のゲストの騒音に悩ませることは皆無。素晴らしい経験ができることは間違いありません!!

Fort01

敷地内には3本のバスルートがあり、朝7時~深夜2時までバスが巡回しています。レンタカーは借りていませんので、キャビンの最寄りのバス停まで巡回バスに乗っていきます。

オンラインチェックインというシステムがあり、予めチェックインの情報をネットで日本から入力しておけるのですが、その際に「バス停に近いところをリクエスト」しておくことができます。これが効果的だったのか、僕たちのキャビンはバス停すぐのところにあり、しかも、そのバス停は3種類のバスのうち、2種類のルートが停車するバス停だったのでその点はとても便利でした。

敷地内の端の一方がホテルのロビーがあり、各パークやダウンタウンディズニーにアクセスするバスステーションになっています。広大な森が拡がったもう一方の端に湖とビーチがあり、マリーナやレストラン、ステージのあるホールがあります。ホールでは夜にはディナー付きのショーが行われます。このホテルは唯一、ふたつもショーとダイニングのセットプランが用意されていて、ひとつは「Hoop-Dee-Doo Musical Revue」もうひとつは「Mickey's Backyard BBQ」です。Mickey's Backyard BBQはバーベQを食べながらミッキーとグリーティングできる、夢のような企画です…が、僕らの滞在中は寒いので休みでした。

また、毎晩のようにチップとデールのキャンプファイヤーが行われます。マリーナからはボートでマジックキングダムやコンテンポラリーリゾートにアクセスできます。ビーチの他にプールもあります。アクティビティの充実ぶりはすさまじいですが、僕たちはほとんど利用する時間がありませんでした。

Camp_map 朝の散歩は本当に気持ちいい。森はたくさんのリスが走り回って、フロリダ独特の気持ち良い空、まるでひとときディズニー村の一員になったようでした。日本人のゲストには全く会いませんでしたが、米国人がきさくに話しかけてくれて、バスルートやボートの乗り方などをいろいろと教えてくれたので助かりました。
夏場に余裕のある日程に滞在するときっと最高です!!

ただし、日程の少ない日本人には賛否両論かもしれません。
いいことばかりではありません。
というのも、各パークへのアクセスに、巡回バスと各パークへのバスの乗り継ぎが必要になるためです。巡回バスと各パークへのバスとも、どちらのバスも頻繁に来るのですが、遊んで帰ってヘトヘトな夜などは乗り換えがおっくうに感じます。また、ちょっとした用事でホテルのロビー(フロントデスク)やコンシェルジュに行くのにも巡回バスに乗らなければならないというのも結構大変です。レンタカーを借りていればどちらも全く問題ありません。

僕にとっての一番の問題は、Wi-Fiが使えないこと。使えるエリアが2~3ヶ所にあるのですが、巡回バスに乗らないと行けませんし、しかもWi-Fiが有料。一日$9.95もかかるので利用する気にはなれませんでした。パーク全体で利用することを考えればいいかもしれませんが。

iPhoneでソフトバンクの「海外パケットし放題」があって助かりました。「海外パケットし放題」はローミングの通信事業者を「AT&T」に設定しておくと自動的に利用できるプランで、iPhoneなら3G携帯データ通信が上限額までで利用できます。上限額は一日1,480円と安くはありませんが、仕事のメールのチェックなどを考えれば目をつぶれる額です。(使わなかったり、少ない通信ならわずかの額で済む点が良いです)
iPhoneの設定方法はスタジオグラフィックスのサイトに記事「スマートフォンを海外で使う」にアップしておきます。
ただ、通信速度がお世辞にも速いとは言えず、何から何までゆったりした時を過ごすことになりました(笑)。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月23日 (木)

2011年はフロリダ ディズニーワールドから (旅行の手配編)

新年は子供たちが1/10まで冬休みらしい。

Disfl01s 少し長く休暇がとれるということで、せがまれて新年あけて家族で海外旅行に行くことになりますた。
出張のからみもあったりして、どうやら家族でアメリカに行きたいと言い出しまして。

うちの家族はアメリカ=フロリダだと思っている(汗;)節があります。
フロリダには、マイアミやらフォートローダーデールやらキーウエストやら、僕の好きな街はたくさんあるのにうちの家族はフロリダ=オーランドだと思っている(汗;)節もあります。

もちろん家族のみなさんのお目当てはディズニーワールド フロリダ
あとユニバーサルスタジオ オーランドも(ハリーポッターの新アトラクションが大人気)。※各リンク先はサウンド出ます。

もうひとつのディズニーランド、発祥の地のカリフォルニアも調べてみたところ、フロリダとカリフォルニアはほとんど旅行代金が変わらず…!?

僕が住んでいた頃はカリフォルニアの往復は39,800円が普通だったのに(サンノゼですが)。カリフォルニアがずいぶんと高く感じる。

Disfl02s というわけで、家族はそれならやっぱりフロリダに行きたい、というので12月に入ってからツアーを調べました。

前回のオーランドはたしか3年前、H.I.Sさんのスペシャルパッケージでひとりなんと「5泊6日で49,800円(!)」という破格値→。
エアとホテル代金込み。
それに1泊追加して超格安でオーランドを満喫したのでした。

今回は旅行日が迫っているのでそうはいかない…しかも高い時期。
だけど、良い話もあります。

ディズニーがキャンペーン中で、ディズニーの公式ホテルに泊まり、滞在日数分のパークチケットを購入するとなんと食事が付いてくる!!
ダイニングプランと呼びます。

このところ毎年やってるらしいけれど、これって結構うれしい。

ディズニー合宿(笑)とも言える滞在中は、朝はまだ霧が立ちこめる時間にパークに入園して、日付が変わる頃にパークやディズニー街からホテルに帰るという毎日。

ディズニー内にいわば快楽的軟禁状態にあって困るのはやっぱり食事。
パーク内は高いし混んでる。

Disfl05s しかし、朝昼晩飯(正確には軽食スナック1回、フードコート1回、ディナー1回)が毎日無料で付いてくるとなると便利さ120点。
しかも5人分で計算すると10万円以上のお食事券がサービスってことになります。
これは大サービス。

しかし、H.I.Sさんをはじめさすがに大手旅行代理店はツアー既に完売。
H.I.Sさんに相談したら頑張ってくれそうだったのでちょっと期待して頼んだけど、
結局用意できたのはエアチケットだけ。
どこでもいいからホテルくらい抑えてくれたり提案があっても良さそうなもんだけど、
エアチケットだけってのはちょっとアレな対応だった。
とほほ。

Disfl03s ディズニー公式ホテルにはバリュー、モデレート、デラックス等のランクがあるけれど、
うちの場合、廉価のバリューを自分でとるのは大変。
5人という人数が結構ネック。

廉価なオールスターリゾートのムービー、ミュージック、スポーツやポップセンチュリーは4人が限度の部屋が多くて、一緒に泊まるにはオールスターリゾート・ミュージックの一部しかない。

2部屋に分かれてもいいけれど、それでもさすがに1週間近いとどこかがブックされていて満室状態。週末に「ディズニーマラソン」(なんだそれ!? パーク内外を走るマラソン大会です!!)が開催される影響もあるようです。

キャンセルが出るのを向こうの代理店に頼んでチェックしてもらおうか、と焦りはじめていたところに、前もってお願いしておいた現地のオーランドベストガイドさんから頼もしいオファーが届きました。

Disfl04s モデレートのキャビン「Disney's Fort Wilderness Resort」がとれる…。

(まだ行ったことがないけれど(笑))すごく広い敷地で…

敷地内に湖もあって…

乗馬もできて(しないけど)…

釣りもできて(しないけど)…

プールもあって(泳がないけど)…

カヌーも乗れる(乗らないけど)。

マジックキングダムパークにはボートで行ける(ボートで行くぞ)。毎晩、チップとデールとキャンプファイアー&星空の下の屋外シアターでの映画鑑賞付き。

よかったね。

オーランドのホテルはドルフィン、オールスター、なんとかってホテル、こことで4ヶ所め…かな、たぶん。
新しいホテルは僕も楽しみ。

オーランドベストガイドさんはとても対応が親切で、知りたい情報の質問に答えを返してくれるのでとても助かりました。電話でも話がスムーズ。というわけで、無事にホテルとパークチケットと毎日のお食事券をゲット。

結果として、モデレートホテルにも関わらず、旅行代理店のバリュー(廉価)ホテルのパックツアーよりもずっと安く予約できました。

こうして家族みんなはワイワイと滞在中のスケジュールを立てている毎日。

本当に毎晩あれやあれやと話し合ってる…よっぽど楽しみなんですね。
前日とかに風邪ひかないでよね。

僕はと言えばレストランの予約。オーランドベストガイドさんが代行してくれるけれど、自分でやるとキャンセルやら予定変更が気軽にできるし、オーランドベストガイドさんにも迷惑がかからないので自分で予約の手配をしています。でも、さすがディズニー、ダイニングプラン実施も影響してか、人気のレストランは満席で予約がなかなかとれません。頑張って頻繁にチェックして予約、取りますよ~。

パスポートの手配、ESTAの申請、成田の駐車場、携帯電話の手配、マイレージなど、仕事の合間にいろいろと急ピッチで手配完了。

あとは仕事、頑張って仕上げないと。
クライアントの皆さん、ご迷惑をおかけします。

【これからディズニーワールド フロリダに旅行を予定している人へ】
 今回の覚え書き

  • ご飯が無料で付いてくるダイニングプランの内容はバリューホテルと
    モデレートでずいぶん違う(モデレートの方が豪華)。
  • ハリウッドスタジオの水と花火と音楽のショー「ファンタズミック」は
    毎日は開催しない。
  • パークの入場チケットは一日あたりものすごく高額のような気がするけれど
    高額なのは3日券まで。長期滞在者向けに4日めは3日チケット+680円、
    5日め以降は+425円ずつしかかからない。
    425円で1パーク乗り放題、やっすぅぅー。
  • ダイニングプランの影響もあって、パーク内のレストランは予約が吉。

・・・また何か気付いたら追加します。


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

東京ディズニーランド&ディズニーシー アトラクションの待ち時間や混雑状況がケータイで見られる

Disneykeitai02 先日のブログでもお伝えしたとおり、
東京ディズニーランドとディズニーシーのアトラクションの待ち時間ケータイで見られるようになりました。

当日、ディズニーランドやシーで待ち時間を確認できるので移動する際の情報として活用できるし、前日や数日前に前もっての混雑状況をだいたい知っておくことができます。

これは便利。

早速使ってみました。(右画像)
簡単な登録が必要だけど、面倒な作業は一切なし。
こんな感じ。

やっぱり一日で結構待ち時間ってブレます。
60分になったり、90分になったり。
パレード前後でも大きく変わるんだろうけど。

今日の15時、待ち時間はバズライトイヤーが35分、スペースマウンテン50分、モンスターズインクが80分。

すいてる方ですね~。
天気がスッキリしないからかな?

この機能は下記kQRコードをケータイに読み込んでアクセスできます。

Dis200912

TwitterTwitterでもつぶやいてます
よかったらフォローお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

東京ディズニーランド混雑状況 クリスマスファンタジーは大混雑

Dis20091203 いやぁ、体調不良に悩まされたひと月でした。
五十肩は相変わらず痛むし、新型インフルエンザに風邪、それらが直ったと思ったら、
救急車で運ばれてそのまま入院、結石…まいったまいった。

というわけで先生も走る師走。
いつまでも寝てはいられない。

そしてまた、娘の誕生日祝いのお願いで、
12月13日の日曜日に東京ディズニーランド(TDL)に行ってきました。
以前、「東京ディズニーランド混雑状況 モンスターズインクは4回乗れた」や「ディズニーシーのアトラクション、なに乗った?」をブログに書きましたが
それが好評のようなので、今回はクリスマスファンタジーの混雑状況を
ご報告しましょう。

Dis200912 ケータイで待ち時間が見られる?

実は12/15の今日より、ディズニーの公式サイトで、アトラクションの待ち時間がケータイ等で見られるようになります(右画像)。

だから今後は僕のブログに混雑状況を見に来る必要なくなりますネ!!

というわけで、一日の行動とアトラクションの混雑状況 おそらく最後のレポート。あなたのディズニーな日に向けて、目安として参考になれば幸いです。

さすがクリスマスファンタジー期間、かなり混んでました

東京ディズニーランド混雑状況 モンスターズインクは4回乗れた」に書いたとおり、いつもはすいている日を狙っていくのですが、今回は娘の誕生日のお願いもあって、混んでいるだろうなと解っていても直球勝負・・なるほど、めっちゃ混みでした。

3大マウンテン(スペース、ビックサンダー、スプラッシュ)はのスタンバイ(並んで乗る列)はだいたい90~150分待ち、モンスターズインクのスタンバイは午前中は170分待ち、と大混雑でした。

開演は8時なので、いつものように7時に入口ゲートに着くように家を出ました。以前はNGでしたが、今はお弁当の持ち込みがOKなので、朝食と昼食用に、オニギリとかパンをたくさん持っていきました。

道中、気付いたのが、遠方からのナンバーのクルマが多いこと。休日ETC1000円の恩恵でしょうか。みなさんクルマできやすくなったんでしょうね。関西や山口ナンバーのクルマをみました。

予定通り7時前には着きましたが、既に入場ゲートは20mくらいの列でした。

混んでいるときのポイントは「ファストパス」のとりかたです。

Dis20091204 すいているアトラクションのファストパスを発券した場合は、60分後に次のアトラクションのファストパスを発券できます。しかし、混雑しているアトラクションの場合は次の発券まで2時間待たなくてはいけません。

その関係上、できるだけすいているアトラクションのファストパスを次々と取りたいところですが、今回のように超混雑した状況ではどれも混雑扱いですし、ファストパスの発券自体がどんどん完売してしまいますので、乗りたいアトラクションは完売前にとれないと元も子もありません。超混雑した状況の日はどうにも打つ手がないのです。

というわけで、朝一にド級のアトラクションのファストパスを抑えることにしました。

・入場後、私はモンスターズインクのファストパスをとりに行く
 10時30分のファストパスをゲット (次のゲットまでは2時間制限:つらい)
・同時に家族はバズライトイヤーにスタンバイ。
 モンスターズインクのファストパス取得した私が合流。
・スペースマウンテン 40分待ちスタンバイ(実際は20分ほど)
・ホーンテッドマンション 90分待ちスタンバイ(実際は60分ほど)
 クリスマスバージョンなのですごく混んでいて、
 夕方前にファストパスも完売。
・スプラッシュマウンテンのファストパスをとりにいく。
・モンスターズインクのファストパス乗車。
・カリブの海賊 20分待ちスタンバイ。
・ジャングルクルーズ 35分待ちスタンバイ(実際は25分ほど)
・ビッグサンダーマウンテンのファストパス取得(既に20時40分のパス!!)。
・カントリーベア(クリスマスバージョンなのにガラガラ)
・蒸気船マークトゥエイン号、乗船。
・スプラッシュマウンテン ファストパスで乗車
×プーさんのハニーハントがシステム障害でトラブルの様子。
 てんやわんやしてた。ハニーハントは結構壊れる。
・ゴーカート 20分待ち。
・ミートミッキー 130分待ち (実際は100分くらい)
・家族はその間に、ミニーの家、チップとデール、ドナルドなど
・午後のホワイトホリデーパレード(X'mas)鑑賞
・ロジャーラビットのカートゥーンスピン
 パレード後に滑り込み 30分待ち (通常50~90分待ち)
・この時点(夕方)で、3大マウンテン含めて、すべてのアトラクションの
 ファストパスが完売。(ミクロキッズはファストパスなし)
・なぜかプーさんが突然すく。
 ブーさんのハニーハント スタンバイ60分(実際は40分ほど)
・晩ご飯 ハングリーベア・カレーショップ
・夜のエレクトリカルパレード鑑賞
 スプラッシュのそばの席を陣取る
Dis20091202・パレード終了後すぐに
 スプラッシュになだれ込み
 スプラッシュマウンテン 2回目 20分待ち!!
・クリスマスウィッシュ・イン・ザ・スカイ(花火)鑑賞
・ビックサンダーマウンテン、ファストパスで乗る
・21時前、3大マウンテンをはじめ、
 アトラクションが
 一気にすきはじめる。
・ビックサンダーマウンテン、2回目 30分待ち。
・ビックサンダーマウンテン、3回目 20分待ち。
・ディズニーランド閉園。

こんな感じでした。
本当に混んでいたなぁ、という印象です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月19日 (火)

東京ディズニーランド混雑状況 モンスターズインクは4回乗れた

2009tdl02 先週の日曜日、東京ディズニーランド(TDL)に行ってきました。

そうですね、子供達のお目当ては新しいアトラクション
「モンスターズインク " ライド&シーク "」!!

うちは混雑が嫌い。
いつも、ディズニーランドがすいている日を狙っていきます。そのため、参考になるかどうか解りませんが、その日に乗ったアトラクションと、待ち時間の様子を書き留めます。モンスターズインク ライド&シークの混雑状況(待ち時間:何分待ち)なども、参考にしてください。

今回は、すべてのアトラクションに乗ろう、ということではなく、子供達が好きなアトラクションだけを選んで乗りました。

パレードは見ませんでした。
ミートミッキー、スペースマウンテン、ウエスタンリバー鉄道はメンテナンスのためお休みでした。

ちなみに、モンスターズインクは、うちの子供達には大いにハマった様子で「何度も乗りたい!!」と言うことになりました。

では、はじまりはじまり…。

チケットは神奈川県民サービス・チケットをセブンイレブンで購入。
家族5人で3,500円分も安くなった。

朝、開場50分前に正門に到着。

2009tdl01 開場した途端に、予想通りほとんどの人がモンスターズインク ライド&シークに向かう。
そのため、いつも混んでいるプーさんのハニーハントやバズライトイヤーのアストロブラスターの混雑が極端に緩和。特に一発目のファーストパスをみんなモンスターズインクにあてるため、午前中はどのアトラクションもファストパスがガラガラ。

ファストパス(FP)はご存じのように、混んでいるアトラクション(2時間以上先の時間帯)で発券すると、以降2時間先まで次の発券ができない。
だから、モンスターズインクのファストパスをとるなら、朝一で1時間程度後
の時間帯のものを発券したい。そうすれば、すぐ1時間後にガラガラの他の
アトラクションのファストパスが1時間おきに次々にとれる可能性も。

2009tdl03 モンスターズインクのファストバスは開場から40分で終了(品切れ)。
圧倒的な早さ。

うちは、開場してすぐ家族全員でモンスターズインクに向かい、二手に分かれてスタンディングとファストパス(9:10~)をゲット。

その後、バズ、プーさんとファストパスをとるけど、このふたつは人気なので、次のファストパス発券までが2時間あいてしまうのが難点。

下記が乗ったアトラクション。乗った順。
なお、アトラクション名は正式なものではなく割愛して表記。( ) 内はその日に乗った累計回数。
時間は実質の待ち時間。だいたい1.5倍~2倍の待ち時間が表示されていた。
もちろん体育会系のように乗りまくったわけではなく(笑)、
なんどか休憩もしたし、ドナルドやカントリーベア達とグリーティングしたり、ウォーリー(WALL・E)たちと記念写真も楽しんだ。

01. モンスターズインク 25分待ち
02. スプラッシュマウンテン 15分待ち
03. モンスターズインク(2) FP
04. ビックサンダーマウンテン 30分待ち
05. ホーンテッドマンション 20分待ち
06. 魅惑のチキルーム・スティッチ 10分待ち
07. カリブの海賊 15分待ち
08. ジャングルクルーズ 20分待ち
09. バズライトイヤー FP
10. ゴーカート 15分待ち
11. ミニーの家 10分待ち
12. チップとデールのツリーハウス 0分待ち

13. ビックサンダーマウンテン(2) 30分待ち
14. ビックサンダーマウンテン(3) 20分待ち
15. ビーバーのカヌー 15分待ち
16. カントリーベア 10分待ち
17. スプラッシュマウンテン(2) FP
18. スターツアーズ 5分待ち
19. バズライトイヤー(2) 25分待ち
20. プーさんのハニーハント FP
21. ビックサンダーマウンテン(4) 20分待ち
22. モンスターズインク(3) 60分待ち
23. モンスターズインク(4) 25分待ち
24. バズライトイヤー(3) FP
25. バズライトイヤー(4) 5分待ち

という感じでした。
子供達はいろいろ乗れて大満足。
パレードが見られなかったのは残念ですが、乗り物デーと
割り切ったので、まぁよかったかな。

モンスターズインクは、冒頭に登場するマイクの瞳孔が動くところが秀逸、すごい。
また、アトラクションの最後でメガネの太っちょおばさんモンスター
がみんなにひとこと言うんだけど、ちゃんとお客さんに合わせてセリフを喋る!!
例えば、「1両目のマスクのお嬢さん、似合ってるわよ」とか
「2両目のお兄さん、またカメラ? ルールは守ってくんなきゃ…」とか、
言うわけ。もちろん、1両目にマスクしているお嬢さんが乗ってるし、
次の2両目のお兄さんはカメラでパチリパチリ(撮ってはいけない)。
これはなかなか驚き。チェックしてみてね。
(試しに懐中電灯を所定の位置に戻さないで握ったままでいると・・)

それから、モンスターズインクに並んでいたら、待ち時間調査カードという
ものをアトラクション乗り場で出してもらうようにスタッフに頼まれた。
正確な待ち時間を調べているんだね。

がんばってるね。


TwitterでITライター神崎洋治をフォロー

ITライター神崎洋治のデジカメ・スマホのメルマガを読む

by TRISEC International,Inc.

| | コメント (2) | トラックバック (0)