« タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」 | トップページ | 伊勢志摩サミットに向けてPepperが三重県のPR担当に »

2016年4月29日 (金)

演劇「毛皮のマリー」美輪明宏×寺山修司を観てきました

美輪明宏演出/主演の舞台「毛皮のマリー」、知人が出演していることもあって渋谷のPARCO劇場で観てきました。

20160429_13_19_45

寺山修司氏が美輪氏のために書いたと言われる伝説的名作であって金字塔、という呼び声の高い演劇です。

甘美や耽美、異形のものへの好奇心、独創的なアングラ感、まるでサーカスのテントに入る前に感じるようなワクワク感、そんなものがたくさん詰まっていながら、美しいビジュアルの奥にある歪んだ愛と圧倒的な心の醜悪さに心がえぐられます。

問題なのは(笑)、すべてのキャストが男。男だけ。女役もみんな男。しかも裸率がMax。三輪さんも全編ほとんど片乳だしっぱなし((;゚Д゚))。三輪さん見た目が女性だから気になって仕方ない。
男も男の裸ももうお腹いっぱいです。しばらく要りません(笑)。

それはさておき、この伝説的な作品をPARCO劇場で観られた幸せを噛みしめています。そして、この舞台に知人が出演していたこともとても嬉しく、勝手に誇らしく感じています。

ここからは余談。
ほかに類を見ないと感じながらも「あぁ、僕が好きだった演劇って素はこういうものだった、最近はホントに少なくなった」とか懐古的に感じた次第。

思い返すと演劇に足を運び始めてもう30年以上になります。若い頃は景気も良くて、使えるお金は今より多かったけれど、それでも見に行ける劇場といえばチケット代が安い下北沢の小劇場が中心、毎週のように足を運んでいました。だから渋谷のPARCO劇場は値段も雰囲気も僕にとっては特別なところ、大好きな劇場でした。そのPARCO劇場がしばらく休館となり、このPARCO劇場で観る最後の舞台が「毛皮のマリー」というのも感慨深いです。

ありていな話ですが、演劇って特別な空気感があって、そこに没入できるかどうかが観客にとって大切だと思うんですね。似ている空間ってディズニーランドかもしれないけど、ディズニーランドならまる一日遊べて飲み食いできるくらいのチケット代に相当する、それだけ贅沢で濃密な空間と時間。小劇場は小さなセットとライト、音で如何に日常と違う世界へ引き込むか、そこに最高の役者の台詞と動き、表現が乗っかると喜怒哀楽、憎悪、嫉妬、いろんな感情が共感して舞台に没入していく。

その空間ってPARCO劇場でも1公演せいぜい観客458人しか体感できないというそれもまた贅沢(オケピが入れば観客はもっと少ない)。どの席からでも観やすく窮屈さも感じない(帝劇なんて役者の表情が見えません)劇場が、生まれ変わるとはいえ、今のままでなくなるのは寂しく感じます。

|

« タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」 | トップページ | 伊勢志摩サミットに向けてPepperが三重県のPR担当に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タカラトミーに聞く「ロビジュニアの購入者層とオハナス改良の舞台裏」 | トップページ | 伊勢志摩サミットに向けてPepperが三重県のPR担当に »