« 神子元島ダイビング2014 ハンマーヘッドシャークが出現しました(今シーズン初) | トップページ | 「劇場版SPEC ~結~」 ケイゾクとSPECと朝倉と ややネタバレ »

2014年6月25日 (水)

「シドニアの騎士」 SFロボットアニメが最終回を迎えて 原作:弐瓶勉

SFロボットアニメ「シドニアの騎士」が今週、最終の第12話を迎えます。

Sidonia

密かにブームとなっていて、最終回直前スペシャルとしていろいろな動画サイトで11話までの一挙無料放送「動画重力祭」をやっていました(やっているうちに書けよって(^^;))。

アニメは12話で最終回を迎えますが、コミックスは続いていますので、第2シーズンとかで継続されるのかもしれませんね。

コミックスはこんな感じ。最新刊が第12巻。

Sidonia02

さて、面白いのか? というと、面白いです。アニメ終了後のコミックスのストーリー展開はやや軟弱化していき、興味も下降していきますが、アニメはガンダムの宇宙観と、エヴァンゲリオンのような未確認物体の襲来とその攻防、リアリティを出した新兵器開発、重要人物の早々の死など、大人が楽しめるSFアニメ路線上に位置する作品になっています。

コミックスの方は、原作/作画が弐瓶勉 氏。『BLAME!』や『バイオメガ』描いた人。背景を含めて力強くて丁寧、骨太の作画や特に黒、ベタ塗りを多用した特徴的な描画が魅力でした。

ところがビックリするほどシドニアの騎士の第9巻あたりで変貌を遂げます。良く言えば覚醒(笑)。背景を含めて全体的にネーム並みの粗さになってベタが極端に減ります。特徴である作画の丁寧さが格段に落ち、絵の省略化がはかられています。1巻と12巻を見比べるとまるで別人の画力、アシスタントが全員辞めたのか? と思うような変貌ぶりです。

ところが、かえって読みやすくなったようにも思えることが、少しもの悲しいところでもあります。カッチリした描画の方が「凄いな」とは思いますが、スラスラっと雑に描いた絵の方が読み手にはポイントをつかみやすいということもあるのかもしれません。

なお、コミックスでよく解らなかった表現や描写をアニメで補完するととってもGoodです。アニメはアニメだけでももちろん楽しめますが・・。

公式ホームページ
http://www.knightsofsidonia.com/

ニコニコ動画 第一話
http://www.nicovideo.jp/watch/1397210967

オープニングテーマ(Youtube)

 


■デジタルカメラのしくみやスマートフォン活用術がわかるウェブマガジン
 「週刊デジマガ」もやっています(無料です)
Spillum01450

ご愛読おねがいします。
 http://digi-maga.com/

|

« 神子元島ダイビング2014 ハンマーヘッドシャークが出現しました(今シーズン初) | トップページ | 「劇場版SPEC ~結~」 ケイゾクとSPECと朝倉と ややネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211443/59875763

この記事へのトラックバック一覧です: 「シドニアの騎士」 SFロボットアニメが最終回を迎えて 原作:弐瓶勉:

« 神子元島ダイビング2014 ハンマーヘッドシャークが出現しました(今シーズン初) | トップページ | 「劇場版SPEC ~結~」 ケイゾクとSPECと朝倉と ややネタバレ »